RSS Feed

さまざまな占い

占い、といってもさまざまな種類があり、一人でも遊べる築地七福神もあります。

占い師によっても得意な占いは変わってきます。

有名な占いとしてまずあげられるのが、西洋占星術です。

これは俗に言う星座占いなどの事を指します。

また、生年月日を利用する占い方法としては、四柱推命も非常に有名です。

西洋占星術や四柱推命は、命(めい)の占いという種類に分類されます。

命の占いはほかに、ホラリーや路地ー、アラビックパーツ、紫微斗数、鉄版神数 、星平会海六甲法、0学占い、日輪占星術、オキシデンタル占星術。

動物占い、星平ら合参などの種類があり、さまざまな占い師が占いを行っています。

タロットカードや悪魔カードなどをつかって行う占いは、卜(ぼく)の占いと分類されます。

これは、トランプ占いやルーンタロット、気学や宝石占い、クリスタル占いなどがあります。

占い師によっては、いくつかの占いを組み合わせて占いを行うこともあります。

たとえば手相占いと四柱推命を組み合わせて占う占い師などもいます。

タロット占いは謎が多い

タロット占いは今でもまだ謎に包まれている占いです。

わかないことが多く、詳しいはじまりが定かではないため様々ないわれがあります。

およそ14世紀から15世紀あたりにうまれたのではないか、古代エジプトが発祥なのか、ヨーロッパが発祥なのかなど色々といわれていることが多く謎に包まれた占いです。

タロット占いのタロットカードは大アルカナといわれる22枚のカードと小アルカナといわれる56枚のカードを合わせて全部で78枚のカードを使用して占います。

タロットカードには絵が描かれたあり、それぞれに解釈があります。

これらをすべて勉強するために弟子入りしたり養成学校に入学したり、独学でおこなう人がいますが、とても難しい占いでもあるので基礎から学ぶためにひとりで勉強するよりも誰かに教わったほうがいいと思われます。

タロット占いでは、未来のことがよくわかるといわれています。

カードが逆さになっていたら、正しい位置ででていたらなどの解釈とでたカードによってその人のこれからの運命が見えるそうです。

占い師によってタロット占いも色々な占い方法があり、ホロスコープ展開法や大ピラミッド、グレゴリウス法、おみくじなどたくさんの占い方法があるので勉強する人は非常に苦労すると思われます。

しかし、謎に包まれている分とてもおもしろい占いでもあります。

霊感占い、あなどれない!

霊感占い…って言うと、やはりまだまだ 『怖い』 『ウソだろう』 『あれは心理学の応用で…』 と言うイメージの方が多いと思います。
確かに、悩みにつけこんですごい金額の壺やお札を…と言う人達もいましたし、だから信じない…と言う風潮も仕方ない事。
もし気になるなら電話占いで困ったらというサイトもあるので確認してみてください。

だけど、スピリチュアルブームを越えた今、霊感と言う物は 『判らないけど、存在するもの』 になりつつあります。

怖いもの、恐ろしいもの、特別なもの…と言うより、何事も必要とあらば得意な人にお願いする様に、時には 『霊感』が得意な人に相談をしてみようかな…と言うのも、願いを叶える早道ではないでしょうか?
私も、霊感占いが得意な方に幾度か見て頂いた事があり。

『あなたの旦那様はとても優しい方ですね。
あなたが言う事なら大体間違っていても折れてくれるでしょう。
こんなにいい旦那さまなんですから、あなたも大切にして下さいね。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

現在、コメントフォームは閉鎖中です。